【重要文化財】札幌時計台の大きさ(高さ)・特徴・歴史」について

スポンサードリンク

【重要文化財】札幌時計台の「大きさ(高さ)・特徴・歴史」について

札幌観光の目玉として語られることの多い、札幌時計台。

この時計台が札幌のシンボルであり、写真にも見てとれる星マークはサッポロビールの星マークとも由来を同じくする、札幌の象徴的存在でもあります。

今回はそんな札幌時計台を少し掘り下げて、大きさから歴史、特徴、訪問するときに便利な近隣駐車場までをご案内します。

札幌時計台とは?【国の重要文化財】

札幌時計台は、北海道の開拓に伴って建設された札幌農学校の、生徒訓練のための演武場でした。

正式名称を「旧札幌農学校演武場」と言います。

いわば今で言う体育館です。そもそもの最初、札幌時計台は時計台ではなく、鐘楼があったのみで、時計もついていませんでした。

その後、札幌の標準時刻を知らせる時計塔として大規模に改修され、現在の状態に近い姿となったものです。

現在、札幌時計台の一体はビルが林立する完全なる市街地ですが、時計台ができた頃は広い札幌農学校の敷地内の一角でした。

その後は、戦時中を除き、図書館や公会堂として利用され、文学や学術の札幌における中心的存在であり続けたのです。

札幌時計台の詳しい歴史に関しては後述しますが、今もさっぽろテレビ塔などと並び、北海道開拓時代をしのぶ札幌のシンボルの1つとして、札幌市民の心のよりどころとなっています。

1961年(昭和36年)に、札幌市有形文化財第1号に指定されたほか、1970年(昭和45年)には、国の重要文化財にも指定されています。

そのほか、塔のある風景が日本の音風景100選として、塔の時計が機械遺産として認定されるなど、札幌時計台の文化的価値は計り知れないものがあります。

 

札幌時計台の大きさ(高さ)は?

札幌時計台の大きさについて確認してみましょう。

札幌時計台の土台からの高さ

本体屋根まで:13.28m

時計塔先端まで:19.825m

とのことで、時計塔の一番高い部分まではおおよそ20mとなっています。

札幌時計台の歴史とあわせて考えると、建築当初は時計塔部分がない13.28mの建物に、小さな鐘楼が付いていただけの構造でした。

そして、後から時計を設置する際に、約6.5mの高さを増築した計算になります。

札幌時計台の時計は、鐘つきの大きな、重い、振り子式の塔時計ですので、建物や時計塔にゆがみが生じてしまえば振り子が正常に往復せず、時間が狂ったり、止まってしまいます。

しかし現実には、札幌時計台の鐘は設置から140年弱が経過した今も、正確な時を刻み続けています。

このことは、いかに建物が狂いなく、水平で安定した床を増築し得たかという、明治時代の日本人の建築技術の高さを示すものに他なりません。

なお、建物の面積に関しては、延べ面積759.811平米(東階段室除く)。

1階が384.496平米、2階が375.315平米と公開されています(いずれも東階段室を除く)。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






札幌時計台の特徴は??

札幌時計台独自の和風×西洋折衷建築

札幌時計台は、明治初期に開拓使によって建築された、貴重な木造2階建ての洋風建築です。

建築を主導したのは、開拓使によって招聘された札幌農学校の外国人教師たちではありますが、しかし招聘された面々を見ると、建築の専門家がいません。

したがって、札幌時計台は、欧米の様式図案集などを元にして、開拓使主席建築家であった大工棟梁の安達喜幸たちが中心となり、洋風建築を独学で研究しながら苦心して作りあげたものだということがわかります。

時計塔の1階は、柱や梁、桁といった重要ヶ所に太い木材を用いた、日本伝統の軸組工法です。

一方2階の演武場に関しては、広い空間を確保する必要性があったため、柱や梁を用いず、洋風の小屋組(バルーンフレーム工法)が取られています。

西洋建築を目指しながらも、西洋建築の専門家がいないという状況下でできあがった、札幌時計台独自の構造なのです。

ニューヨークからやってきた機械式振り子時計

もちろん、建物だけではなく、時計塔に設置されている機械式時計も貴重な注目すべきポイントです。

この時計は、1878年(明治11年)にニューヨークのハワード時計商会に発注された特注の塔時計で、1879年(明治12年)に札幌に到着しました。設置されたのは1881年(明治14年)です。

その機械式時計が、現在に至るまで修理されたのは、以下のわずか数カ所です。

  1. 振り子を吊しているワイヤー
  2. 文字盤の針(木製)
  3. 歯車の欠けてしまった部分2ヶ所
  4. 数本のネジ
  5. 重り巻き上げハンドルの軸1本

1800年代の塔時計が、このように修理ヶ所少なく、当時の姿のままで正確な時を刻んでいる実例は、世界でもごく稀であると言われています。

その背景には、札幌時計台を愛し、いつくしみ保守を行った数々の人たちの努力があることを忘れてはいけません。

農学校時代に時計の保守をしていた米人教師ピーポデー、日本人教師の工藤精一、そして1888年(明治21年)以降は、関東以北随一と言われた名高い時計店、札幌の中野時計店。

札幌市が農学校から時計台を譲り受けた後には、北海道教育会職員が……そして、1928年(昭和3年)以降は中野時計店での修行歴のあった井上清氏、戦後は息子の和雄氏が保守を行ってきました。

特に昭和の初め、井上清氏が保守を引き継いだ頃は、時計台の時計は止まり、内部はさび付いていたそうです。

それでも根気良い保守で時計台はよみがえり、現在は井上和雄氏の育てた後継者によって、貴重な時計台は正確な時を刻んでいます。

 

えっ?!2018年6月から時計台に入れない?!

札幌時計台は老朽化のため屋根と壁の補修工事および塗装の塗り直しが行われています。そして、なんと!この残念ながら2018年(平成30年)6月以降は入館が一切、できなくなります。

完成は2018年(平成30年)10月末日を予定しており、11月1日よりリニューアルオープンイベントが開催される予定です。

2018年(平成30年)11月札幌時計台がリニューアルオープン!

2018年(平成30年)11月、屋根と壁などの外側の補修工事に入っていた札幌時計台ですが、なんと!無事、予定通りに工事が完了し、11月1日から以下のようなリニューアル記念が開催されています。

札幌時計台の入場料金が無料

平成30年11月1日(木曜日)~平成30年12月31日まで

リニューアルオープンイベント

記念品プレゼント:平成30年11月1日(木曜日)8時45分から入館者先着100人

マスコットキャラの登場

時計台の非公式 キャラクター「とっけ」と、さっぽろテレビ塔の非公式キャラクター「テレビ父さん」が入館者をお出迎え
(10時30分、13時、15時の計3回1回あたり30分間)

札幌市時計台創建140周年記念式典

日時:平成30年11月3日(土曜日)11時~13時
場所:札幌市時計台2階ホール

内容

11時~創建140周年記念式典
11時20分~ 児童絵画展表彰式(市内小学生が文化財を描いた絵画の入選発表・表彰)
12時~ 創建記念コンサート(時計台の鐘、虹と雪のバラード等、札幌にちなむ歌の合唱)
申込は不要(座席に限りはございますが、どなたでも参加可能です。)

 

札幌時計台の歴史

ではここで、札幌時計台の歴史を年表形式で追ってみましょう。

1800年代

1869年(明治2年)明治政府内に開拓使が発足

1871年(明治4年)7月 開拓次官・黒田清隆の要請により、米農務長官であったケプロンが来日。ケプロンによって開拓の指導者の養成機関設置が求められる

1872年(明治5年)東京は芝増上寺内に、開拓使仮学校が開校

1875年(明治8年)札幌学校が開校

1876年(明治9年)8月14日 マサチューセッツ農科大学より学長であったW.S.クラーク、教師W.ホイーラー、D.ペンハローを迎え札幌農学校(現在の北大)が開校

1877年(明治10年)4月 東京大学開校。クラーク博士帰国

1878年(明治11年)10月16日 クラーク博士の提言を受け、演武場(現在の時計台)が建設される

1878年(明治11年)10月25日 ホイーラー教頭が黒田清隆開拓長官の指示により、ニューヨーク市のハワード時計商会に塔時計を発注

1879年(明治12年)時計機械到着。予想外に大きく演武場の鐘楼に取り付け不可と判明、時計塔改修開始

1881年(明治14年)8月12日 塔時計が正確に稼働を始める

1888年(明治21年)塔時計が札幌の標準時計に指定される

東大より早く開校したのは北大!

日本の大学で最も歴史があると思われがちなのは東京大学ですが、それよりも半年早く、北大の前身である札幌農学校が開校していたなんて驚きですね!

1876年、札幌農学校の開校にあたり、クラーク博士は「be gentleman! 紳士たれ!の一語に尽きる。やかましい校則はいらない。全て自己の良心に従って判断行動し勉学に励みなさい」と言葉を残しています。

1900年代~

1903年(明治36年)札幌農学校が移転。演武場は札幌区が借り受け、「時計台」と呼ばれ始める

1906年(明治39年)札幌区が時計台を農学校から買い上げる。道路整備のため100mほど南に移築。

1961年(昭和36年)札幌市有形文化財第1号に指定

1970年(昭和45年)国の重要文化財に指定

1996年(平成8年)環境庁「日本の音風景百選」に選定

2009年(平成21年)日本機械学会より「機械遺産」No,32として塔時計が指定される

2018年(平成30年)6月 建物が老朽化のため壁と屋根の補修工事開始される

2018年(平成30年)11月 補修工事が無事完了。リニューアルキャンペーンとして2018年11月1日(木)~2018年12月31日(月)の入場無料を実施

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ