ビアガーデン・ラーメンまつり・とうきびも!札幌駅から大通公園へのアクセス(行き方)「電車・バス・徒歩」・駐車場

スポンサードリンク

ビアガーデン・ラーメンまつり・とうきびも!札幌駅から大通公園へのアクセス(行き方)「電車・バス・徒歩」・駐車場

 

札幌の大通公園では、ビアガーデン、ラーメンまつり、さっぽろ雪まつりなど、年間を通して様々なイベントが開催されています。

どれも人気のイベントで駐車場も探したいところですが、大通公園へは札幌駅から徒歩でアクセスすることもできますよ!

今回は大通公園について、また札幌駅から大通公園へのアクセスについて詳しくご紹介します。

アクセスご紹介の下に、大通公園で開かれている代表的なイベントやとうきびワゴンの場所もありますので、最後までゆっくりお付き合いください。

 

札幌駅から大通公園までのアクセスについて

札幌駅から大通公園へは、徒歩でアクセスすることもできますが、最も早いのは地下鉄(電車)でのアクセスです。乗り放題バスを使う方法もありますよ!

大通公園へのさまざまなルートをご紹介します。

 

札幌駅から大通公園まで電車でアクセスするには

札幌駅から大通公園までは、地下鉄1本でアクセス可能です。

JR札幌駅
↓ 徒歩5分
地下鉄さっぽろ駅
↓ 札幌市営地下鉄 南北線 真駒内方面
↓ 200円 乗車2分
大通駅
↓ 地上に出る
大通公園

大通駅から大通公園へは、5ヶ所の出口でアクセスすることができます。

出口と、地上の位置関係は下記のようになっています。

大通公園駅出口→大通公園

2番出口→5丁目
5番出口→4丁目
6番出口→3丁目
8番出口→3丁目 ※エレベーターあり
27番出口→1丁目

 

札幌駅から大通公園までバスでアクセスするには

じょうてつバスを使う

じょうてつバスは、札幌駅バスターミナルから乗車することができます。

じょうてつバスを使った場合、大通公園から徒歩およそ5分の「北2条西3丁目」バス停で降車することになります。

本来であれば大通公園の目の前までアクセスしたいところです。しかし、大通公園で降車できるバス「さっぽろうぉ~く」では、逆に時間がかかってしまう可能性があります。これについては後ほどご紹介します。

まずは短時間でアクセス可能なじょうてつバスからご紹介します。

 のりば案内図

 のりば内部の配置はこちら

12番乗り場がじょうてつバスの乗り場になります。

札幌駅バスターミナル
↓[じょうてつバス]快速7 時刻表はこちら
バスターミナル12番乗り場
↓ 210円 乗車およそ5分
北2条西3丁目バス停で降車
↓ 徒歩5分
大通公園

※バス運行時間は変更になる場合があります。都度ご確認ください。

平均運行本数 平日:1本/1時間  休日:1本/1時間

 バス停から大通公園までの地図

 

さっぽろうぉ~くを使う

札幌駅から大通公園までバスでアクセスするには、「さっぽろうぉ~く」と呼ばれるバスに乗車する方法もあります。さっぽろうぉ~くは、北海道中央バスの循環路線で、札幌市街を1周およそ31分で循環しています。

札幌駅前、東急デパート南側からバスに乗車します。大通公園までは距離はすぐなのですが、循環バスが札幌駅から、大通公園の反対側へ出発してしまいますので、大通公園バス停に到着するのは循環の最後のほうです。

このためさっぽろうぉ~くに乗車すると、札幌駅から大通公園までバスで30分かかってしまいます。

しかし、さっぽろうぉ~くは、北海道中央バスの共通1日乗車券を使って乗ることができます。1日乗車券は750円/大人1日で乗り降り自由ですので、この乗車券を購入するなら、さっぽろうぉ~くを使うのがおすすめ。

共通1日乗車券については、当サイトの↓下の記事でも詳しく解説していますので、ご覧下さい。

札幌市内の電車・バスが便利でお得な「乗り放題」フリーきっぷ・チケット一覧

 のりば案内図

札幌駅前
↓[北海道中央バス] 循環88 ビール園・ファクトリー線(通称さっぽろうぉ~く)
時刻表はこちら
東急デパート南側乗り場1番
↓ 210円/1乗車 乗車およそ30分
大通公園バス停で降車。目の前が公園です

※バス運行時間は変更になる場合があります。都度ご確認ください。

平均運行本数 平日:3本/1時間  休日:3本/1時間

 

札幌駅から大通公園まで徒歩でアクセスするには

札幌駅から大通公園まで徒歩でアクセスするには、地下道「札幌駅前地下歩行空間」通称「チカホ」が便利です。

チカホは、地下鉄さっぽろ駅から地下鉄大通駅まで続く地下道です。

JR札幌駅と地下鉄さっぽろ駅は直通になっていますので、便利に利用することができます。

※画像はチ・カ・ホ公式サイトより

大通駅から大通公園までの出口ルートは当記事の上のほう「札幌駅から大通公園まで電車でアクセスするには」でも解説していますので、あわせてご覧下さい。

大通公園周辺の駐車場

大通公園周辺で利用しやすい駐車場をご紹介します。

札幌大通地下駐車場

大通公園の直下にはオーロラタウンという地下街が展開しており、地下鉄大通駅ともつながっています。

このオーロラタウンと、同じく大通駅直結のポールタウンの駐車場が、札幌大通地下駐車場です。

さっぽろ地下街で2,000円以上/1店舗 のお買い物で60分の無料サービスがある、お得な地下駐車場となっています。

札幌の地下街でちょっとお土産を買えば、1時間は無料になる計算なので、購入ついでに大通公園の散策をすれば駐車料金は安く済んでしまいます。17時以降は最大料金があるので、ここでゆっくり観光するのも良いでしょう。

住所:北海道札幌市中央区大通西2
TEL:011-231-3733
営業時間;8:00~22:00(宿泊駐車不可)
基本料金:390円/最初の1時間 以降200円/30分
※地下街店舗で2,000円以上お買い物すると60分無料(例外あり)
サービスタイム料金:17:00~22:00に限り最大料金1,000円


スポンサードリンク -Sponsored Link-






大通公園とは?何があるの?

大通公園は、日本の道100選や日本の都市公園100選、日本の歴史公園100選、都市景観100選などに選ばれている、札幌の中央部分とも言える公園です。

公園は東西に長く、その距離1.5km。長さの割に幅は105mしかありません。細長い公園です。

大通公園の始まりは、1871年(明治4年)に開拓判官の島義勇によって設けられた、類焼予防の火防線です。

火防線の幅は当時の58間、現在の150m。そのときの幅が今に至るまで残されているのですね。

公園として整備が完了したのは1911年(明治44年)のことです。造園技師であった長岡安平が担当しました。

現在では、木々が植えられ、夏には花が咲き、冬は白い雪で覆われます。

有名なさっぽろ雪まつりだけではなく、さっぽろ夏まつり、さっぽろホワイトイルミネーションなども見逃せないイベントです。

さっぽろテレビ塔

大通公園にはさっぽろテレビ塔があります。高さは147.2mになります。

さっぽろテレビ塔は、大通の東の端。1957年(昭和32年)に完成した札幌のシンボル的電波塔です。

写真のように、夜には美しいイルミネーションで彩られます。

さっぽろテレビ塔に関しては、当サイトの記事「さっぽろテレビ塔の高さは?「割引(クーポン券・チケット情報)・展望台入場料金・札幌駅からのアクセス(行き方)・営業時間・歴史」など」にて詳しくご紹介しておりますので、ぜひご参照ください!

とうきびワゴンの場所と季節・営業時間

大通公園にあるとうきびワゴンは、観光客たちの目当ての1つです。

北海道では、とうもろこしのことを「とうきび」と呼びます。北海道のとうきびは大きくて甘く、本州のスーパーではなかなか食べられないかも。

とうきびワゴンは、残念ながら冬期の営業がなく、例年4月の末ころ~10月頭ころにかけて設置されています。

2017年の営業期間は、4/26~10/9でした。

営業時間は9:30~17:30です。

常設のとうきびワゴンは、大通西1丁目、3丁目、4丁目の3ヶ所です。

このほか、大通公園の1丁目~7丁目にかけて、常設ではないワゴンも出没します。

ちなみにとうきびワゴンは北海道キヨスク(株)が運営しているんですよ!

とうきびワゴンでは、焼きとうきび、ゆでとうきび(300円/1本)のほか、じゃがいも、とうきびとじゃがいものセット、サッポロクラシック、ラムネ、お茶や、北海道限定品のキリンガラナ、リボンナポリン、アイスキャンデー、おみやげ雑貨なども販売されています。

 

大通公園で開催されている主なイベント

さっぽろ大通ビアガーデン

さっぽろ夏まつりのイベントの1つとして開かれているのが、さっぽろ大通ビアガーデンです。

このビアガーデンは国内最大規模で、大通公園5丁目~11丁目にかけて、複数のビアガーデンが登場します。

2017年には5丁目にサントリー、6丁目にアサヒ、7丁目にキリン、8丁目にサッポロの各ビールメーカーが出店。

10丁目が世界のビール広場、11丁目はサッポロドイツ村として、合計の席数は合計13,000席に及び、さらに立ち飲みスペースもありで大いに盛り上がりました。

2017年の営業期間は7/20~8/15でした。

営業時間は、世界のビール広場が17:00~21:00。その他の会場は12:00~21:00(いずれもL.O.20:45)

札幌ラーメンショー&HOKKAIDOラーメン祭り

大通公園で開催されるラーメンイベントは「札幌ラーメンショー」と「HOKKAIDOラーメン祭り」の2種類がありますが、毎年同じとは限らないため、事前にチェックしてから足を運んでください。

札幌ラーメンショー

2017年で3年目を迎えた初夏のラーメンイベントです。

2017年の開催期間は5/16~21、23~28の2期に分かれていました。営業時間は10:00~21:00(L.O.20:30)でした。

中日はラーメンブース入れ替えで休み、最終日は17:00終了(L.O.16:30)ですので注意しましょう。

2017年には全国から総計18の有名ラーメン店が軒を連ね、様々な味が楽しめましたが、札幌や北海道だけではなく東京からのラーメン出店もかなり多かったようです。もちろん博多や鹿児島の味もありました!

ラーメンはチケット制で、会場内のチケット売り場もしくはセブンイレブンのマルチコピー機で事前購入が必要でした。

HOKKAIDOラーメン祭り

「さっぽろオータムフェスト」の中で開催されているラーメンイベントです。

2017年の開催期間は9/8~9/30、営業時間は10:00~20:30(L.O.20:00)でした。なお開催場所は5丁目です。

常時ラーメン屋台が5店ほど出店しますが、開催期間が4期に分かれており、この中で屋台が入れ替わります。

ラーメン屋台だけではなく、ケバブや焼き鳥、その他道産食材の店なども出店していました。

ラーメンは会場内のチケット売り場で、チケット購入の上並びます。このほか現金で食べられるお店もありました。

さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつりは2018年で第69回を迎えます。

市民やボランティア、芸術家たちによる並外れた大きさの雪像は目を見張ること間違いなし。

夜間ライトアップも見どころです。

2018年の開催期間は2/5~2/12に決定しています。期間内はいつでも見られますが、ライトアップは22:00までです。

さっぽろ雪まつりに関しては、当サイト「さっぽろ雪まつり」カテゴリーにて大変詳しく特集しております。ぜひご参照ください!

 

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ