さっぽろ雪まつりの混雑状況・混雑予想と混雑回避方法 つどーむ会場は混む?

スポンサードリンク

さっぽろ雪まつりの混雑状況・混雑予想と混雑回避方法 つどーむ会場は混む?

さっぽろ雪まつりに訪れる際に、やっぱり気になるのは、さっぽろ雪まつりがどの程度混んでいるのか?ということです。

混雑を回避するにはどうしたらいいのか、あるいは混雑のための装備はいるのか? などなど、さっぽろ雪まつりの混雑に関する情報をぎゅっと一気に詰め込みました。

気にしている人の多い、つどーむ会場の混雑についてもしっかりとご紹介してまいりますので、最後までご覧下さい。

各会場ごとに混雑状況&混雑回避方法をチェック!

それでは、さっぽろ雪まつりの各会場ごとに、順番に混雑状況と混雑回避方法をチェックしていきましょう!

 

大通会場の混雑状況・混雑予想・混雑回避方法

まずはメイン会場となっている大通会場。

ここには、100基以上(2018年は118基)の雪像、氷像が並びます。このうち大雪像は5基、大氷像は2基が予定されています。

大通会場の混雑状況・混雑予想

大通会場は、よくニュース等でも取り上げられるとおり、巨大な雪像の美しいライトアップが魅力的な会場です。

また、雪像に映像を映し出すプロジェクションマッピング等も行われますが、これももちろん夜の演出に限られます。

そこで、これらのライトアップ演出が行われる「夜間」が大通会場が最も混雑する時間帯となります。

夜間の大通会場は、平日でも混雑しています。初日や最終日、土日休日は尚更です。

ピークは19~21時頃ですが、陽の落ちる夕刻から混雑が始まります。

大通会場の混雑回避方法

大通会場で混雑を回避しようと思ったら、陽が落ちる前、ライトアップが始まる前、明るいうちに訪れるのが一番です。

明るい時間帯のさっぽろ雪まつり会場は、多少の行列はできるものの概ね混雑とは言えない状態で、好きなだけたっぷりと雪像や氷像を楽しむことができるでしょう。

また明るい時間帯であれば、像の細かい部分もどうなっているかよくわかりますので、一度は明るいうちに足を運ぶのがおすすめです。

午前中はもちろん、朝7:00~8:30は特に人が少なくておすすめ。

さらに、雪像の多くは朝日を受けて輝く東向きに作られていますので、雪の輝き、そして写りの良い記念写真も期待することができるでしょう!

ただ、やっぱりライトアップされている様子も見たい……という方は、ライトアップが終了する直前、できるだけ遅い時間を狙いましょう。

大通会場のライトアップ終了時刻は、22:00です。

なお、大通会場へのアクセスは地下鉄の大通駅が最も近いですが、人が集まるのも大通駅ですので必然的に混雑します。

夜間に訪れる際は、地下鉄東西線の西11丁目駅で地下鉄を下車し、大通会場まで歩くのも一手です。

大通会場の混雑回避まとめ

  • 朝7:00~8:30は絶対おすすめ
  • ライトアップ時間帯なら終了間際21:00以降がおすすめ。但し午前中ほどの混雑回避は期待できません
  • 夜間に地下鉄で大通会場へアクセスするなら、西11丁目駅で下車すると混雑回避!
 混雑回避&おすすめ鑑賞方法

大通会場を満喫したい、混雑もそれなりに回避したい……という場合は、夕刻にさっぽろテレビ塔を訪れてみましょう。

あくまでも夕刻というところがポイントです。

夜間のさっぽろテレビ塔は、展望台へ上がるのに待ち時間がおよそ1時間ほどかかることが予想されます。

陽が落ちる前、ライトアップが始まる前に、テレビ塔の展望台へ上がってしまいましょう。

展望台の上でしばらく時間をつぶす形にはなりますが、夕刻の札幌市街から、ライトアップの始まる美しい大通会場を見渡すことができます。

ライトアップが始まってから、さっぽろテレビ塔の上にのぼって大通会場の全景を見たい、カメラにおさめたいという人は大勢います。

17時頃に陽が落ちてから後は、間違いなく待ち時間の長い行列となるでしょう。

あまり待たずにさっぽろテレビ塔に上るには、早めに訪れるのが一番です。

さっぽろテレビ塔については、当サイトの「さっぽろテレビ塔の高さは?「割引(クーポン券・チケット情報)・展望台入場料金・札幌駅からのアクセス(行き方)・営業時間・歴史」など」にて詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。


スポンサードリンク -Sponsored Link-






つどーむ会場の混雑状況・混雑予想・混雑回避方法

敷地面積の広さが特長のつどーむ会場では、23基の大きめの雪像のほかに、雪あそびエリアが開放されます。

子どもも大人も雪でズルズルになって遊ぶ目一杯楽しいつどーむ会場ですが、気になる混雑状況は?

つどーむ会場の混雑状況・混雑予想

つどーむ会場も、大通会場と同じく、土日祝日が混雑しやすい状況となります。

特に混雑が見られるのが、土日祝日の11:00~15:00の時間帯。

この時間帯には、目玉である滑り台、チューブスライダーやわくわくスライダーなどの人気アトラクションは1時間待ちも覚悟しなくてはなりません。

反面土日祝日に比べて、平日はさほどに人は多くなく、スライダーなどのアトラクションも、日に何度もすべることができます。

つどーむ会場の混雑回避方法

まずは何よりも、平日に訪れることができるなら、平日に行くことが最大の混雑回避です。

平日ならほぼ1日中、不自由なく遊べるだけの混雑回避レベルは確保できるでしょう。

土日祝日に訪れるなら、朝の早い時間、9:00~10:00を狙うのが最もおすすめです。

この時間帯なら、土日祝日は1時間待ちが普通のスライダーであっても、待ち時間20分ほどで滑ることができます。

つどーむ会場の混雑回避まとめ

  • 平日はほとんど混雑していません
  • 土日祝日なら、朝9:00~10:00がおすすめ

 

すすきの会場の混雑状況・混雑予想・混雑回避方法

すすきの会場は、会場といっても閉鎖された空間ではなく、道路を封鎖して氷像を置き、会場とした、いわば歩行者天国です。

すすきの会場は氷像を中心に60基の設置が計画されていて、繁華街のネオンを反射する氷像が「意外と見逃せない!」と評判になっています。

すすきの会場のライトアップレベルは、大通会場ほどではありません。

しかし、ライトアップの明かりだけではなく、周辺に繁華街・歓楽街のネオンが絶えませんから、幻想的な氷像が数多く見られますので、夜間に訪れること自体はおすすめです。

氷の中に、魚、カニ、その他色々なものが入った、おもしろ氷像、色々な意味でフォトジェニックな氷像が撮影できるのも事実です。

すすきの会場の混雑状況・混雑予想

すすきの会場も、やはりライトアップした氷像目当てに、日没後のライトアップ時間帯に多くの人が詰めかけます。

まあもっとも、すすきの会場に関しては歓楽街のど真ん中ですので、雪像じゃないものがお目当てのお客様も多かろうと想像するわけでございますが!

いずれにしても夜間は混み合いますが、そこは道路、通路ですので、身動きが取れないほどの混雑とはなりません。

 

すすきの会場の混雑回避方法

大通会場と同じく、朝の早いうちに訪れると、空いているばかりではなく、午前中の強い太陽光が氷像を透過し、良い写真が撮れるなどのメリットがあります。

具体的な時間は朝の9:00まで。

それ以降は人出も増えますが、飲食店を周りながら氷像鑑賞をするなら多少混み合いながらも、午後のすすきのを満喫するのも良いでしょう。

すすきの会場もライトアップが行われますが、終了間際はやはり混雑が緩和する傾向です。

すすきの会場のライトアップは23:00までなので、22:00ころ訪れると、人混みを感じずに鑑賞できるかも。

すすきの会場の混雑回避まとめ

  • ~朝9:00までの鑑賞がおすすめ
  • ライトアップ時間帯なら終了間際22:00以降がおすすめ。但し午前中ほどの混雑回避は期待できません

終わりに・・

さっぽろ雪まつりに関してのお問い合わせ先

さっぽろ雪まつり実行委員会

住所:〒060-0001札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センター4階 札幌観光協会内
電話番号:011-281-6400

コールセンター

電話番号:011-222-4894
土日祝日を含め年中無休。電話受付時間:午前8時~午後9時まで
FAX: 011-221-4894

大通り会場の見どころや楽しみ方は以下の別ページにてご紹介しています。

【必っ!】北海道さっぽろ雪まつり2018年の「隠れた見どころと楽しみ方」

つどーむ会場の見どころや楽しみ方は以下の別ページにてご紹介しています。

【必っ!】さっぽろ雪まつり「つどーむ会場」の「見どころと楽しみ方」

すすきの会場の見どころや楽しみ方は以下の別ページにてご紹介しています。

【必っ!】さっぽろ雪まつり・すすきの会場「すすきのアイスワールド2018」の「隠れた見どころ・楽しみ方」

スポンサードリンク -Sponsored Link-

    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ