【観光案内ガイドが教える】札幌 時計台の見どころっ!

スポンサードリンク

【観光案内ガイドが教える】札幌 時計台の見どころっ!

通称札幌時計台こと、札幌市時計台は、札幌の開拓時代をしのぶシンボルとして、今も正確に時間を刻んでいます。

今回はそんな札幌市時計台の魅力を、北海道に詳しい観光案内ガイドに聞きました。

 

時計台とは?「時計台が造られた目的」

札幌時計台は、今や観光地となっていますが、過去には札幌農学校の講堂として使われていました。

正式名称は「旧札幌農学校演武場」ですが、いわゆる兵式訓練の他に、札幌時計台では入学式や卒業式も行われていたことがわかっています。

現在、時計台の2階は、この頃の講堂を模したホールとして、講演会やコンサートなどに使われています。

 

札幌時計台のデータ

構造:木造2階建(時計塔部分は5層構造)

延面積:759.811㎡(東階段室59.492㎡を除く)

  • 1階面積 384.496㎡(東階段室29.746㎡を除く)
  • 2階面積 375.315㎡(東階段室29.746㎡を除く)

土台から本屋棟頂までの高さ:13.280m

土台から時計塔棟頂飾先端までの高さ:19.825m

札幌の時計台はなぜ有名なのか?

札幌時計台の時計は、世界でも珍しい、1800年代にニューヨークで製造された機械式塔時計です。

この時計は、札幌農学校の2代目教頭であったホイーラー教授が、1878年(明治11年)にニューヨークのハワード時計商会に発注した特注品です。

この時代の塔時計が正常に稼働している例は、現在、世界でも非常に貴重と言われています。

札幌時計台の塔時計は、幾度かの危機はありましたが、札幌市内の時計職人や、札幌市職員たちの手厚いメンテナンスによって、今も正確に時間を知らせてくれています。

時計機械を後ろから見た様子↓

札幌時計台が有名な理由としては、この貴重な時計の存在と、そしてさらに、北海道開拓の第1歩を担ったその歴史にあると言えるでしょう。

歴史については当記事下部にて、あらためて詳しくおさらいします。

札幌市時計台の時計が動く仕組みは?

札幌市時計台の時計は、振り子式の時計です。

機械の中に大きな振り子が入っていて、この重りの動きで、歯車を回転させています。

そして、機械内部に設置されている、「ガンギ車」と「アンクル」という2つの装置で、振り子を左右に振れ続けさせることで、時計が止まらずに動くようになっています。

※画像は札幌市時計台公式サイトより

ガンギ車というのは、歯車の一種ですが、先端にツメが付いている時計用の特殊な歯車です。

一方、アンクルはT字型の金具で、ガンギ車の動きを制御する役割を担っています。

※画像は札幌市時計台公式サイトより

この様子は、札幌時計台の2階にある時計機械の模型でも見ることができます。

ちなみに、札幌時計台の鐘も、重りの動きを利用して打てるようになっています。

 

時計台の内部構造

時計台は1階と2階があり、1階と2階の一部が「展示室」、2階の一部が「多目的ホール」になっています。

1階

1階は「大展示室」や「自習室コーナー(パソコン検索)」や「土産物ショップ」があります。

大展示室では、ジオラマと解説板で札幌農学校時代からの時計台の歩みや、それに付随した歴史を知ることができます。

自習室では、資料が置かれていますので自由に閲覧することができます。写真のように机椅子の席も設けられています。

2階

2階の目玉は、現在も現役で使用されている約200m2(畳約125枚分/定員150名)の「多目的ホール」や、上述の1928年(昭和3年)制作の「ハワード社製の時計機械」になります。

「多目的ホール」は、1899年(明治32年)に「博士号」授与の際に行われた「祝賀会」で使用した講堂が当時のまま再現されています。まるで中世ヨーロッパの教会のようです。

この祝賀会では植物学者で名高い宮部金吾氏をはじめとした農学校卒業生に日本で初めて「博士号」が授与されています。

ハワード社制の塔時計の説明会

2階ではハワード社製時計の前で職員の方による時計の仕組みについての解説が行われています。
解説の時間は毎日、1回のみで毎朝9時15分から開始されます。解説の所要時間は約10分です。※中止もあり。

クラーク像

2017年(平成29年)10月16日より、2階の木製ベンチには「クラーク博士」が腰掛ける像が置かれています。

本名は「ウィリアム・スミス・クラーク」と呼称し、1876年(明治9年)に、札幌農学校(のちの北海道大学)を開校して初代教頭しぇんしぇぃ(訳:=先生)に就任した人物です。

「Boys, be ambitious!(少年よ、大志を抱け!)」の言葉で有名であり、以前から関係者および観光客の間で『創設した人物でありながら、時計台に銅像がないのはおかしい』との声があり、ついにそれが実現した格好となります。ウフ

札幌・時計台は鳴らない?鳴るならどんな音??

札幌時計台の時計は、古いのでもう鳴らない……というような話もありますが、これは真っ赤な嘘で、札幌時計台では正時ごとに、その時間の数だけ鐘を鳴らしています

しかも、夜中も休まず24時間鳴るというので驚きです。

0時と、昼の12時には、12回ずつきちんと鳴ります。

音は、比較的高く澄んだ鐘の音で、冬の朝などは冷たい空気により遠くまで鳴り響くような、カーンカーンという音が鳴ります。

現在では動画サイトなどでも聞くことができますので、ぜひ試してみましょう。

 

札幌 時計台はライトアップがある??「ライトアップの時間」

夜景が有名な札幌市の観光事情において、札幌時計台は「がっかりスポット」であるという見方も確かにあります。

見ようによっては、噂よりも建物規模も小さいし、時計塔の高さだって先端まで20m未満、高層ビルや大規模な夜景を見慣れた人からは大したものには見えないのかもしれません。

しかし、ライトアップされた時計台は幻想的で、そこだけ明治時代に引き戻されたかのよう。

札幌の在りし日の姿をしのびに、是非訪れていただきたいスポットです。

札幌時計台ライトアップ時間

日没~21:30

※ライトアップ開始時刻に関しては、決まった時間ではありません。訪問日の日没時間を参照してください。

 

札幌時計台に訪れる際の最適な時間帯は何時??

札幌時計台に訪れる際の最適な時間帯は毎正時前(1時間が経過する少し前)です。

時計の針が1時間経過するごとに鐘を鳴らしますので、館内の見学時間なども含めると約30分ほど前に訪れるのが良いと思います。

また、できるだけ正午時間を狙って見学に訪れるのが良いです。

理由はお分かりになりますか?

ちょっと考えてみてください。

・・

・・・

残念無念~!ハズレです。

正解は単純に「鐘が鳴る数が多いから」です。

鐘が多く鳴るとその分、館内という鐘の真下の位置で鐘の音色を楽しむことができます。

 

札幌 時計台の歴史(年表付き)

札幌時計台の歴史は、札幌農学校開校の歴史でもあります。

ここで簡単に年表で、札幌時計台の歴史について振り返ってみましょう。

1876年(明治9年)8月14日 マサチューセッツ農科大学より学長であったW.S.クラーク、教師W.ホイーラー、D.ペンハローを迎え札幌農学校(現在の北大)が開校

1878年(明治11年)10月16日 クラーク博士の提言を受け、演武場(現在の時計台)が建設される

1878年(明治11年)10月25日 ニューヨークに塔時計を発注

1879年(明治12年) 塔時計が到着するも、大きすぎて入らず、時計台改修

1881年(明治14年)8月12日 塔時計が正確に稼働を始める

1888年(明治21年)塔時計が札幌の標準時計に指定される

1903年(明治36年)札幌農学校が移転。演武場は札幌区が借り受け、「時計台」と呼ばれ始める

1906年(明治39年)札幌区が時計台を農学校から買い上げる。道路整備のため100mほど南に移築。

札幌時計台の歴史について詳しくは 当サイト「【重要文化財】札幌時計台って何? 札幌時計台の大きさ(高さ)・特徴・歴史・アクセス・駐車場」にもございますので、ご参照ください。

札幌時計台へのお問い合わせ先

住所:北海道札幌市中央区北1条西2丁目
電話番号:011-231-0838
電話番号:011-231-0804
営業時間:8時45分~17時10分(入館は17時まで)
定休日:年始(1月1日~1月3日)

スポンサードリンク -Sponsored Link-


    

当サイトの内容には一部、専門性のある掲載があり、これらは信頼できる情報源を複数参照し確かな情報を掲載しているつもりです。万が一、内容に誤りがございましたらお問い合わせにて承っております。また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。

関連コンテンツ