札幌から小樽までのアクセス方法は電車よりもバスがオススメ?!

スポンサードリンク

🚞鉄道利用の場合

JR快速エアポートを利用

札幌駅
 JR快速エアポート小樽行きへ乗車
時刻表

↓5駅/37分

小樽駅


移動時間;乗車37分(特別快速エアポートなら素敵に33分!)
料金;750円

快速エアポートとは?

快速エアポートは、新千歳空港から札幌を経て、小樽までを約1時間、札幌からだとわずか33分〜37分で結ぶ快速電車とな〜る。

【ピヨ🐣コメント】

この移動ルートは札幌から小樽までの鉄板ルートとして古今、定評がある。

鉄道なので雪の被害はほぼ受けず、40分ほぼ順当通りに到着できる点が最大のメリットとなる。あまつさえ、乗り換えなしという点も高評価💘




JR在来線利用の場合

札幌駅

JR函館本線 小樽行きへ乗車
時刻表

↓14駅/46分

小樽駅


移動時間;乗車46分

料金;750円

小樽フリーきっぷは素敵に廃止!「おたる水族館きっぷ」の利用も検討の余地あり!

以前、「小樽フリーきっぷ」という小樽観光には無くてはならないほどのフリーきっぷがJRより発売されていたが、どうやら2024年現在、この切符は素敵に廃止されており、その代用品として「おたる水族館」の利用前提での当きっぷの利用を検討したいところ💋

内容

札幌駅からの往復JR券・バス券及びおたる水族館の入館引換券がセットになったおトクなきっぷ。

小樽駅~小樽築港駅間は、フリーエリアになっており、素敵に乗降自由💘

発売箇所

JR北海道の主な駅の指定席券売機・話せる券売機、みどりの窓口及び北海道内の主な旅行会社。

利用期間

・【通常営業期間】2023年3月18日~2023年11月26日
・【冬期営業期間】2023年12月16日~2024年2月25日

利用制限期間

素敵になし。

発売期間

・【通常営業期間】2023年2月18日~2023年11月26日
・【冬期営業期間】2023年11月16日~2024年2月25日

前売り期間

・有効期間開始日の1ヶ月前より当日まで

設定区間・料金

■通常営業期間(2023年3月18日~2023年11月26日)

設定区間発売額有効期間
発駅着駅大人中学生 小児
札幌小樽フリーエリア3,610円 2,610円 1,600円1日間
■冬期営業期間(2023年12月16日~2024年2月25日)

設定区間発売額有効期間
発駅着駅大人中学生 小児
札幌小樽フリーエリア3,210円2,460円1,450円1日間




 🚌バス利用の場合

札幌から小樽へは、以下のような高速バスが、とめどなく素敵に運行する。

「高速おたる号」を利用する場合

札幌駅
北海道中央バスへ乗車するために赤れんがテラス(アカプラ)へ向けて素敵に移動開始💘

↓徒歩約7分/500 m

バス停の場所(移動ルート)


札幌駅前バス停
以下系統のバスへ乗車

バス札幌~小樽:北大経由小樽駅前BT行き

↓乗車時間52分/12駅

市役所通バス停で下車し、目的地へ向けて移動開始💘

↓徒歩約8分/500m

小樽駅前バス停で、やっぱり素敵に下車💘


所要時間;56分
料金;730円

高速おたる号の時刻表

高速おたる号は以下の3路線あり、札幌駅からだと北大経由へ乗車するのが、もっとも早く到着できる。

なお、バス運行会社は、JRバスと北海道中央バスの共同。

【ピヨ🐣コメント】

バスを利用するメリットは気楽に移動ができることや、車窓からの景色が楽しめる点に尽きる。

しクぁしながら、北海道は1月下旬頃〜2月初旬にかけて暴風雪や大雪による運休や遅延が予想されることから、陸上移動は推奨できない。

最悪の場合、乗車中のバスやタクシーの事故というケースも素敵にあり得る。

移動の大原則とは、目的地近くまで鉄道で移動し、下車後は速やかに徒歩で目的地を目指せるスタイルが好ましい。

運行状況については乗車前などに下記、交通各事業者の公式情報を要チェック💘

高速いわない号を利用する場合

札幌駅
北海道中央バスへ乗車するために赤レンガテラス(アカプラ)へ向けて素敵に移動開始💘

↓徒歩約05分

1番乗り場(赤煉瓦テラス/アカプラ)から以下系統のバスへ乗車💘



札幌駅前バス停から以下系統のバスへ乗車

高速いわない号(時刻表
※小樽まで行くのであれば「高速おたる号」へ乗車しても問題なし

↓乗車時間:約1時間

小樽駅に到着


730円(小樽から岩内までは2,020円)

岩内(岩内バスターミナル)までは約2時間40分

【ピヨ🐣コメント】

このバスは北海道中央バスのみが運行する。

小樽(駅)までは上記、高速おたる号と同じルートを通行する。




路線バス(北海道バス)

札幌駅
14番乗り場から以下、系統のバスへ乗車

札幌駅バスのりばMAP

Googleマップ

↓乗車時間340円/1時間

手稲駅南口バス停で下車し、小樽行きの路線バスへ乗り継ぐために、南口1番乗り場へ向けて、素敵に移動開始💘

↓徒歩約01分

バス乗り場の場所

↓乗車時間 約1時間

手稲駅で下車し、小樽行きのバスへ乗り継ぐために移動開始💘

手稲駅南口バス停
南口1番乗り場から以下系統のバスへ素敵に乗車

手65系統「小樽行き」(時刻表)

宮65系統「宮の沢駅始発(小樽駅)」

↓乗車時間:約1時間40分

小樽駅前バス停下車


料金:930円

所要時間:約2時間半〜3時間半

小樽駅前バスのりばMAP

【ピヨ🐣豆知識】

札幌駅から小樽まで路線バスを利用すると高速道路を利用しないので、上記、高速おたる号や高速いわない号と比べると倍以上の移動時間ががかかる。

けれどもJRバスのフリー乗車券(一日乗車券)などを購入した場合、路線バスが適用になるので、場合によってはお得に利用できる。

札幌駅から小樽駅までタクシーを利用した時の料金や移動時間

  • 所要時間;48分
  • 料金;約 11,230円
  • 距離;35.8km

札幌から小樽への車でのアクセス(高速道路)

札幌から小樽への車でのルートは、ほぼ直進かというくらいで難しいことはありません。

ただ一般道で行く場合と、高速道路で行く場合、2種類のルートがあります。

高速道路を通るなら、「札樽自動車道」を通過してほぼ40分ほど。

高速道路を通らない場合は、国道5号線を通過すれば60分程度の道のりとなります。

いずれの場合も走行距離はおよそ40kmです。

高速道路を通る場合の札幌から小樽までの料金は? コスパ良い?

札幌から小樽まで、札樽自動車道を通過する場合、高速道路の料金は1,240円(ETC利用、札幌南IC→小樽ICまで)です。

コスパのことだけを考えれば、1~2人で札幌から小樽に向かうなら、高速バス(片道610円)を利用したほうがお得かもしれません。

人数が多めならレンタカーを使い、1時間弱のドライブを楽しむのもおすすめです。

時間があるなら一般道を通るのも良い

札幌から小樽までの間、急ぎでなければ、一般道(国道5号線)を通るルートを選択するのも良いでしょう。

朝や夕方など、国道5号線は市街地付近で混雑することがあります。

渋滞を抜けるのにかかる時間は、おおよそ20分程度であることが多いようです。

反対に、通勤時間帯を避ければ、ほぼ混雑することはありませんので、1時間あれば充分小樽まで行ける計算になります。




小樽の駐車場事情

小樽駅から日本海方向へ直線状に延びる中央通りが小樽の目抜き通りであり、当該、中央通りを境目として東西にコインパーキングなどが、ひしめき合うようにある。

参考

「おたる駐車場マップ」[PDF:1.14MB]

北海道は土地柄、駐車場が充実しているロケーションが多く、小樽も市街地中心部を抜ければ広い駐車場が期待できるも、できるだけ駅近くに駐めたい。

そこで小樽駅周辺のパーキングを探すわけだが、小樽は札幌北側の石狩湾に向けて開かれた港町であり、市街化区域面積は3,848haと、全国的に見ても広いとは言い難い。

しかしながら、意外にもコインパーキングの数が多く、2024年現在を以て、優に百ヶ所を数える。

小樽の中心部・運河の観光だけなら鉄道かバス利用が好ましい

小樽駅・中央通りを中心とした中心部エリア、港湾区画の運河周辺の観光だけであれば、バスか電車を利用するのが推奨される。

しかしながら、小樽エリアといっても朝里川温泉や天狗山スキー場、天狗山神社、銭函などのロケーションを広範囲に亘って移動する場合、レンタカー(車)などの車両を利用が、程よく素敵に推奨される。

小樽市街の中でレンタサイクルも借りられる!

札幌から小樽まで電車やバスでアクセスし、小樽市街の中ではレンタサイクルで移動する、という手段もあります。

きたりん

概要

受付時間;

基本9時〜18時30分(日曜のみ08時から営業)
冬季;10時〜18時30分まで(12月31日〜1月2日まで休業)

定休日;7〜9月は無休

料金(一例);大人1日1,500円〜、子供1日900円〜

公式サイト;https://kitarin.info/

COTARU(コタル)

概要

受付時間;9:00~18:00

料金(一例);2,400円/1日(キャンペーン適用価格)

公式サイト;https://www.rentalcycle.cotaru.co/

【ピヨ🐣コメント】

「COTARU(コタル)」では、ホテルや小樽駅まで自転車をデリバリーしてくれるサービスもあるらしい。詳細は公式サイトを要チェック💘

関連記事一覧

スポンサードリンク -Sponsored Link-


当サイトの内容には一部、専門性のある掲載がありますが、これらは信頼できる情報源を複数参照して掲載しているつもりです。 また、閲覧者様に予告なく内容を変更することがありますのでご了承下さい。